木漏れ日の中で

あなたが笑顔でありますように…

優しい光に包まれて

 

君にもう会えないと分かった夜
涙が止まらなかった

でも 約束を覚えてくれていたんだね

 

小さな君が会いに来てくれた

驚いたよ

 

声を出そうとしたけれど 

体が固まって動けないから

心の中で話しかけた

 

“ありがとう”

 

“よくここが分かったね”

 

思わず君を抱き締めた

 

“抱っこしてもらいに来たよ”

 

“ボクも会いたかったんだ”

 

そう言っているみたいだった

 

“遠くまでよく来たね”

 

“さぁ おうちへ帰るんだよ”

 

しばらくして 君は

す~っと消えていなくなった

 

とても不思議な出来事だった

 

翌日 眠れないまま泣き腫らした顔で

君のもとへ向かった

静かに眠るお人形のような可愛らしい君に

菊の花は似合わないと思った

だから 小さな白いお花を持って行った

 

真っ白なかけらを 皆でかわりばんこに

陶器の入れ物に入れた

たくさんの絵を描いてきたけれど

あんなに綺麗な“白”を

今まで見たことがなかった

 

君の声を聞くことはできなかったけれど

かけがえのないものを

教えてもらった気がするんだ

 

あれから ずいぶんと長い月日が流れた

 

思い出すと やっぱり涙が溢れるよ

でも なぜかあたたかい気持ちになる

 

優しい光に包まれた君が

笑顔で見守ってくれて

いるような気がして…

 

木漏れ日の中で君のことを想うよ

今日も笑顔をありがとう

 


f:id:kao-kao-n:20171230004655j:image

〈kaorin〉

広告を非表示にする