木漏れ日の中で

あなたが笑顔でありますように…

バランス

太陽を欺き 冷たい刃が牙をむく 信じる者の 強さと弱さ 折り合いをつけるのは 他の誰でもなく自分自身 間違いを正すことの難しさ 深呼吸して踏み出す一歩 揺れ動くマインド 世の中は今日も 理不尽なことばかり *Kaorin*

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」

本屋さんでこのタイトルを見つけ、気になったので手に取り読んでみると、あまりにも面白くて、つい一巻読みきってしまった。面白いのと同時に、えらく共感を覚えた。というのも、仮装をして「死んだふり」とまではいかなくても、わたしも昔から旦那さんが帰…

明くる年も…

AM 8:00 カウンター前に表れた80代の女性が、到着するや否やこの世の終わりと言わんばかりに突然泣き出し、ポロポロと目から大粒の涙を流しながら何かを訴えようとしている。感情が高ぶっている様子なので、一瞬どなたかの面会で、その方の状態が思わしくな…

そんな風に生きていけたなら

まわりを見ていても 医療関係の職場で 様々な方を対応していても 思うのです。 人は強いなと。 たとえ励ますことしか 出来なかったとしても 心を寄せ合い 思いやる気持ちが 支えとなり “笑顔”というのは 心の真ん中があったかくなって 背中を押してくれる 大…

Happy Wedding

自分が生きてきた人生の中で 必死になって取り組んできたこと 今まで一生懸命 頑張ってきたことに対して 尊敬されるって どれだけ嬉しいことだっただろう 人生どこでなにがあるか 本当にわからない やっぱり真面目に生きていれば 良いことってあるんだなぁ …

小さな祈り…

あめ玉をもらって食べた さっきあった 嫌な出来事を思い出し 涙がこぼれそうになった 心の中に染み込んでいく 優しさと笑顔 その感覚は とても穏やかで あたたかい きっと大丈夫 深呼吸して ちょっとの勇気と笑顔で 乗り越えられる だから大丈夫だよ わたし…

論点

いがみ合いを 望んでいるわけではないのに いつも論点をずらして 責めてくる人がいて 神様がいるかどうか わからないけれど もしいるならば 本当に正しいのはどちらなのか きっとわかってくれると信じたい 不思議なことに 気持ちに余裕がないと 景色がぜんぜ…

泥のように眠る

仕事で毎日たくさんの方と お会いするのだけれど 本当に色々な人がいるなぁと 驚くことが多々ある。 スタッフの中にも こちらの常識が あちらの常識とは 限らないことが けっこうあって メンタルやられまくりの 毎日なわけで… 大丈夫かわたし? いちいち気に…

猫との会話

いつも通る道に猫がいる。 人懐っこくて 足を止めると 近くに寄ってくる。 どうやらお仲間も一緒らしい。 仲良く日向ぼっこ。 毛並みも綺麗だ。 「またね」と言うと… 「にゃ~」と返す。 猫のこういうところが たまらないく可愛い。

ふわりふわりと…

元旦に引いたおみくじは 小吉だった。 よくわからないけれど 多分こういうのって 気の持ちようなんだろうな。 昨日は仕事始めで まさかと思ったけれど 目が回るほど 忙しかった。 年末に職場が 引っ越しをして バタバタしている。 まだ全然落ち着かない。 人…

2019年の幕開け

人は きっと 涙の数だけ 優しくなれる ただ ひた向きで 一生懸命に 目の前にある ミッションをこなす 責任感が強いのに 力を尽くしても うまくクリア できないこともあって それでも 深呼吸して 目を背けずに 立ち向かう どんなに 辛く苦しいことも 最後は笑…

歯を食いしばる?

奥歯がかけてしまったので 予約していた歯医者へ行った。 虫歯かなぁ? そう思ったのだけれど…。 「環境の変化とか ここ2~3ヶ月の間に 何かありましたか?」 歯の状態をみた 院長先生の一言である。 驚いた。 どうやらストレスも 関係しているらしい。 虫歯…

シャボン玉

風に乗って ゆらゆら揺れる シャボン玉 ふわふわふわり 宙を舞い 小枝の先で パチンと弾けた 腕の中で 静かに眠るきみは 穏やかで 優しい顔をしている 秋の風が いつも以上に肌寒く うまく笑えないよ ぼくの方が たくさんのものを 受け取っていたんだね あり…

空を見上げて

その空は 白い雲が浮かぶ 紺碧の空でしょうか 今にも泣き出しそうな 鉛色の空でしょうか 夕陽が沈む前の 茜色の空でしょうか 無数の星が広がる 月明かりの空でしょうか 空は毎日違う色をしていて、その表情は様々で、いつも何かメッセージを送ってくれている…

残像

言葉にできないほどの感情を 誰かに伝えたいけれど どこにも正解なんてなくて 同じじゃないものが たまらなく 愛おしく それでいいんだよと 背中を押され 季節の移ろいを感じながら 思い出すのは いつも木漏れ日の中の残像

雨の日のミッション

突然の 雨に打たれて雨宿り ガラスに映る グレーの景色 雨粒の通り道を ただ 指で追いかける 何度も 何度も 追いかける 光を集め キラキラ光る 幸せの水玉 コロコロ笑う きみの笑顔

大人も悪くないなと思うとき

誰もが突然 大人になるわけではない。 子ども時代を過ごした わたしたちは 子どもの心を知っている。 失敗して悔やんだ経験も いつかどこかで そっと背中を押してくれる 勇気に変わる。 ゆっくりとコーヒーを 飲むひととき… ふと 大人も悪くないなと思う。

何色の花?(答えだよ♪)

こんばんは。 前回の記事、 お題の写真はこちらでした。 モノクロだと、光が強く反射している部分はやはり白っぽくなるようです。 黄色、ブルー系、紫系、ピンクと白…など様々なご意見を頂戴し、「うんうん。そうか~。」などとニヤニヤしながら楽しませて頂…

何色の花?

最近カボチャが好きすぎて、冷蔵庫にカボチャが入っていないと落ち着かないkaorinです。こんばんは。いつの間にかカボチャのレシピをアレコレ考えちゃいます。 この頃は月1くらいのペースでポエムなんかを載せたりしていましたが、お待たせしました。一部の…

めぐる季節の中できみが教えてくれたこと

あれから何年たったかな いつも 当たり前のように 心の中にいるから ごめんね 大体これくらいって わかっているのだけれど 柔らかな木々の葉が眩しい この季節だけは やっぱり特別な気がするんだ ありがとう *kaorin*

長い道のり

いくつになっても未熟者で 自分を見失いそうに なることもあるけれど 茜色に揺れる夕陽に 勇気をもらい 群青色に染まる空には いつだって瞬く星が囁き そしてまた朝がやってきて 朝陽のシャワーを浴び ゆっくりと歩き出す 黙っていても季節はめぐり 気がつく…

旅立ち

伝えたい気持ちを ちゃんと伝えよう 明日どうなるかなんて 誰にもわからない だからこそ 今この瞬間を 大切にしたい さよならは言わないよ きっといつかまた会えるから (四倉港にて) *kaorin*

涙のわけ

歯車は 狂いはじめてしまっただろうか。 なくしたネジの行方を探している。 時計の針を巻き戻すかのように 時間も取り戻せたらいいのに。 きみの優しい言葉に 思わず涙が流れた。 とても苦しくて 悲しい気持ちだったのに あったかい気持ちは 連鎖するんだね…

チョコレート記念日

賞味期限内に食べるつもりで 「もったいなくて食べられないよ」と 大事に冷蔵庫にしまっておいたら 「また買ってあげるから」と言われた。 じゃあ、食べようかな~? とは やっぱりならないのだけれど とりあえず今日は チョコレート記念日にでもしようかな。…

それぞれのハートのかたち

「寒いね」と ポケットの中で手をつなぎ イルミネーションを見た帰り道 別れ際に小さな鍵を渡された。 駅のコインロッカーの鍵だった。 駅に着き ドキドキしながら 扉を開けると 紙袋が入っていた。 中には 白いリボンのかかった 水色の小箱。 ティファニー…

冬の夜空

ねぇ 知ってる? 冬は一年の中で もっとも 星が綺麗な季節なんだって。 明るい一等星が多くて 様々な色の星が見えるんだ。 上空の空気の流れが強いから 他の季節より瞬いて見える。 きみもどこかでこの空を 見上げているだろうか。 同じ星を見つけているのか…

最後に手紙を書いたのはいつだっただろう?

携帯電話がまだ普及していなかった時代。 気持ちを伝えることができる 手段のひとつに手紙があった。 切手を集めていたこともあり いまだに大事にしまっていたりするけれど 今はスマホを持つようになり ほとんど書かなくなってしまった。 そういえば 小学生…

大人+子ども=私?

真剣に難しいことを 考えていたかと思ったら ふざけたことも考えている 大人になったら きっとしなくなるだろうな と思っていたことを いまだにしたくなる ふと 子ども時代を思い出す まわりの大人達は 今の私より ずっと“大人”らしかった ずっと子どもじゃ…

この色な~んだ?(答えだよ♪)

こんばんは。 好きな野菜は“カボチャ”のkaorinです。 前回の記事『この色な~んだ?』に コメントをくださった皆さま ありがとうございます。 クイズは、グラスの中の右側にある 濃いグレーの四角い物体でした。 う~ん。 改めて見てみると 黒に近い色は、や…

この色な~んだ?

皆さま こんばんは。 白黒で色を感じてみよう?のコーナー モノクロの世界へようこそ♪ さて、今回の写真は・・・ どーん!!! はい、こちら。 先日、ビュッフェに行った際に kaorinが食べたサラダです。 グラスに順番に 色んな野菜を詰め込んだもの。 少し…